債務整理のデメリット|知らないと怖い債務整理の短所まとめ

債務整理のデメリット|知らないと怖い債務整理の短所まとめ

債務整理のデメリット|知らないと怖い債務整理の短所まとめ

債務整理をするデメリットの一つとして、保証人への影響が挙げられます。保証人となっている人は、借りた人が返済できなくなった場合には、代わりに返済をしなければなりません。たとえば、ある人がお金を借りるときに、その妻が保証人になったとします。お金を借りた人が何らかの理由で返済ができなくなって自己破産したとすると、妻が代わりに返済をしなければならなくなるのです。その結果、妻も自己破産しなければならないといったことにもなりかねません。

 

保証人になってくれた人に迷惑がかかるというデメリットは、債務整理の中でも重要なものの一つだと考えられます。誰も保証人にはなりたくないもので、借りる人は保証人になってくださいとお願いするはずです。そのときには「絶対に迷惑はかけません」などということも多いです。それにも関わらず迷惑がかかってしまうのですから、債務整理をするべきかどうかを悩むのも仕方のないことだと言えるでしょう。

 

ただ、債務整理のすべてで保証人に迷惑がかかると言うことはありません。自己破産と民事再生の場合には、基本的には迷惑がかかると考えておいた方が良いです。しかし、任意整理の場合にはケースバイケースです。任意整理の場合には保証人も一緒に手続きを行うことによって、金銭的な迷惑をかけずに済むこともあります。このようなケースもありますが、基本的には保証人にとってはデメリットが大きいと考えておくべきでしょう。

 

債務整理を行うデメリットはいくつかありますが、ちまたで噂されているものの中には間違ったものもあります。債務整理をするべきかどうかを判断するときにはメリットもデメリットも考えなければなりませんが、間違った噂を元にして判断するべきではないでしょう。

 

たとえば、自己破産をするとクビになると言われることもあります。基本的には債務整理を行うことと、会社で働くこととは関係がありませんから、これは誤った情報だと言えるでしょう。もしも自己破産をしたことによって会社に大きな損害を与えた場合には、それが理由で解雇されることは考えられないことではありませんが、ほかから借りていて自己破産をしたことが原因で解雇されることは、まずありません。

 

ほかにもデメリットとして誤った情報がいろいろと流されているようです。自己破産をすると、その情報が戸籍に載ると言われることもありますが、このようなことはありません。選挙権がなくなってしまうと言われることもありますが、これも誤った情報だと言えるでしょう。そもそも、自己破産という制度は、返済不能に陥った人を苦しめるためのものではなく、救済するためのものですから、このようなデメリットはありません。

 

誤った情報に振り回されないようにするためにも、債務整理を行うべきかどうかを迷ったときには、法律の専門家に相談することをおすすめします。弁護士や司法書士に相談すれば、詳しく教えてくれるでしょう。

 

債務整理シュミレーター
⇒匿名で無料診断してみる

よく一緒に読まれている債務整理の記事


必読!知らないとまずい債務整理デメリット


【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル


自分は債務整理できる?条件をチェックする


フツーの弁護士はNG?闇金解決法を見てみる


債務整理手続きの流れ※無料相談受付もあり!


職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ方法