任意整理のシミュレーション|絶対にした方がいいその理由

任意整理のシミュレーション|絶対にした方がいいその理由

任意整理のシミュレーション|絶対にした方がいいその理由

債務の返済負担が大きくなり過ぎた場合は、債務整理を行う必要性が出て来ます。債務整理の手続きを行うことによって、債務の返済負担を軽減することが出来ます。債務を軽減出来る効果は、手続き方法によって異なりますので、弁護士や司法書士と相談しながら最適な手続き方法を選択することが必要です。
債務整理の中でも最も手軽に利用出来る方法が、任意整理です。裁判所を通さずに手続きが行えますので、最も多くの人が利用している手続き方法です。債務整理の手続き対象を自由に選択することが出来ますし、財産を強制的に手放す必要もありませんので、デメリットをある程度コントロールしながら債務負担を減少させることが可能です。
ただし任意整理を行う場合は、必ず事前にシュミレーションを行うことが必要です。任意整理を行った場合の債権者との交渉内容は、金利の引き直しが主な交渉内容となりますので、金利の引き直しによって実際にどれだけの債務を減少させられるかと言うことを、事前に確認しておくことが重要です。なぜ事前のシュミレーションがそれほど重要かといいますと、どれだけの減額効果があるにせよ、手続きを実行してしまえば、信用情報機関の信用情報に事故情報が記録されてしまうからです。信用情報に事故情報が記録されてしまうことは、所謂ブラックリストに載ってしまうことを意味しますので、将来的に一定期間融資を受けられなくなったり、新たにクレジットカードを作成出来なくなったりしてしまいます。期間としては5年ほどですので、かなりの大きなデメリットとなってしまいます。債務の削減効果がある程度大きければ、事故情報が残ってしまうデメリットも致し方ありませんが、削減効果が小さい場合はデメリットの割合の方が大きくなってしまう恐れもあります。
金利の引き直し計算のシュミレーションは比較的簡単に出来ます。実際に課せられている金利を、本来課せられるべき金利に置き換えて本来支払うべき利息額を計算します。そして導き出した利息額とこれまで支払ってきた利息額の差額を、元本の返済に充当します。もし払い過ぎた利息を元本に充当して、債務が完済出来れば一番良いです。なぜならその場合は過払い金返還請求手続きとなり任意整理には該当しませんので、信用情報に事故情報が記録されることもありません。金利の引き直し計算後に残債が残れば任意整理となりますので、その残債がどの程度残るかによって、個人再生や自己破産など他の手続き方法も含めて検討することが必要です。

必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
必読!知らないとまずい債務整理のデメリット
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
【実録】経験者が語る!債務整理後のリアル
自分は債務整理できる?条件をチェックする
自分は債務整理できる?条件をチェックする
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
フツーの弁護士じゃNG?闇金解決法を見てみる
はじめての債務整理※手続きの流れ
はじめての債務整理※手続きの流れ
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法
職場に乗り込まれる前に!取り立てストップ法

任意整理のシミュレーション|絶対にした方がいいその理由関連ページ